器械出しは手術室看護師の基本の仕事です!

手術看護師の仕事、器械出しとは?

手術看護師の仕事、器械出しとは?

手術室看護師の主な仕事のひとつが「器械出し」です。 「器械出し」は別名・直接介助とも呼ばれ、手術を行なう医師に器具を手渡しする業務を指します。 ここでは手術室看護師が担当する主要業務「器械出し」について詳しく説明していきましょう。

映画やテレビドラマなどでよく登場するのが病院での手術の場面では、執刀する医師が「メス!」などと言うと横にいる看護師が必要な医療器具を医師に手渡ししています。ごくごく簡単にいうと、このような業務が手術室看護師の「器械出し」です。

もちろん、現実の手術室はドラマに描かれているのとは多少違っており、看護師も単に医師に指示されるままに器具を渡しているだけでというわけではありません。では、次に手術室で「器械出し」を担当する看護師の業務について見ていきましょう。

・手術の準備
手術用器材の準備、患者の誘導とサポート、麻酔のサポートなど。 この業務は別の看護師やスタッフが行なう病院もありますが、当該手術で必要となる手術用器材を手許に揃えておくといった判断による作業は器械出し看護師が自ら行なう仕事となってきます。

 準備した器材は器械台に必要となりそうな順に並べ、いつでも渡せるように配慮して揃えておきます。  こうした準備が的確にできるか否かは器械出し担当看護師の実力次第といえるでしょう。

・手術中の医師の介助
 執刀医の指示または自らの判断で必要な手術用器材を医師に渡す。  器械出し担当の看護師は医師の指示にしたがって器材を手渡すこともありますが、自ら手術の流れを読んで指示されなくても器材を渡せるように工夫します。

 これには医師と看護師の「あうんの呼吸」が必要とされ、指示がなくとも的確な器械出しを行なえるなら器械出しのプロといえるでしょう。 また、医師に器材を渡すタイミングについても、「早過ぎず・遅過ぎず」のベストタイミングが求められますので、そうした点に留意する必要も出てきます。

・手術後の片付けと記録
 手術が終了したら器材の片付けや後始末、手術の記録などを行ないます。  この業務は別の看護師やスタッフが行なう病院もありますが、担当者と協力して作業を行なうといった場合もあります。  ただし、手術後の器材の種類と数の確認は器械出し看護師が行なう病院が多いようです。

以上のように器械出し(直接介助)を行なう看護師の役割は、医師がスムーズかつスピーディーに手術を進められるようにサポートすることといえます。

高いスキルや知識が必要な器械出しの手術室看護師は「やりがい」のある仕事です。 もし、この仕事への転職を考えているなら、豊富な求人情報を得る事ができる転職支援サイトに登録してみてはどうでしょうか。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ