患者さんへの不安を取り除く為の重要な役割です

手術看護師が行うべき患者へのケア

手術看護師が行うべき患者へのケア

手術室看護師の仕事は大きくわけて3種類あります。 その3種類とは医師の介助を行なう「器械出し(直接介助)」、患者のケアを行なう「外回り(間接介助)」、手術の記録を行なう「記録」です。 ここでは手術室看護師が行なうべき患者へのケアについて紹介します。

オペ室には手術の執刀や麻酔を担当する医師、その医師のサポートや患者のケアをする看護師などのチームスタッフたちが働いています。 手術の執刀や麻酔、器械出しなどの業務は直接手術に関わる重要な業務ですが、手術を受ける患者本人のケアもオペ室では欠かすことのできない大切な仕事です。

次に、手術室看護師が行なうべき主な患者ケアを挙げていきましょう。

・手術前の患者訪問とサポート
手術室看護師は術前に患者のもとを訪れてコミュニケーションを取ります。 患者の状態の把握とともに面識を得、手術に関する疑問や不安があれば質問に答えたり正確な知識を紹介して不安を取り除くという目的もあります。

病棟に入院している患者は、往々にして周囲の患者から誤った知識(「○○の手術は~~だそうだ」、「△△先生の手術は~~らしい」等)を与えられてしまうことがあり、看護のプロの立場からそうした誤解を取り除いて正確な情報を提供するという役割も担っています。

・手術中の患者管理とケア
手術を受ける患者は麻酔などによって自ら動いたり意志を伝えることができないケースが大半です。 そこで手術室看護師は患者の状態を観察して、小枕の作成や体の保温、体位交換を行なって褥創の予防を行ないます。

もしも患者の状況に問題が発生した場合は、医師やスタッフに伝えて適切な処置を行なうか対応をしてもらうようにするのも手術看護師の役目です。

もうひとつの手術看護師の役割としては、心電図モニターや血圧モニターのチェックや血圧・耐圧・出血量の測定などがあります。これは診療科や手術の種類によっても異なりますが、事前の情報管理からカンファレンスなどを通して行なうべき業務をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

さらに、部分麻酔や下半身麻酔など意識のある患者に対しては、必要と判断すれば声掛けや手を握るといった行為で手術中も精神的に落ち着いた状態を保てるようにケアを行ないます。

ここまで手術室看護師の患者ケアについて詳しく紹介してきました。 上記のようなオペ室の看護師の患者ケアを要約するとすれば、「手術中の患者の安全を守り、患者の心に寄り添った看護業務を行なう」ということになるでしょう。

重要な役割を担う手術室看護師への転職を考えているなら、求人数が豊富で信頼できるエージェントに転職相談ができる転職専門サイトの活用がオススメです。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ