手術室看護師は、ハードだけどその分やりがいの大きな仕事です!

手術室(オペ室)看護師の役割・仕事内容は?

手術室看護師は、ハードだけどその分やりがいの大きな仕事です!

病院の看護師といわれて最初に思い浮かぶのが、「外来受付」・「病棟」・「手術室」の看護師ではないでしょうか。なかでもオペ室と呼ばれる手術室担当の看護師はテレビドラマや小説などにもよく登場します。

しかし、その手術室の看護師の役割や仕事内容については意外に知られていません。 ここでは、知っているようで知らない手術室看護師の役割・仕事内容について詳しく紹介していきます。

手術室(オペ室)看護師の主な役割と仕事内容は、大きく分けて次の三種類が挙げられます。

(1) 直接介助(器械出し)

手術室の看護師が行なう直接的な介助(器械出し)とは、手術を担当する医師をサポートする役割を担う仕事をいいます。 主な仕事内容は器械出しという手術用器具の医師への手渡しが中心となります。 ただし、手渡しといっても単に機械的に器具を渡すのではなく、手術の進行具合を見極める判断力や迅速に行動できる行動力、手術の流れを理解できるスキルなども必要です。

(2) 間接介助(外回り)

手術室看護師の間接介助とは、主として手術を受ける患者のケアを行なう仕事を指します。 その内容としては手術前の患者への声掛け、手術中の患者の体位交換、手術後の患者の病棟への送り出しなどが挙げられます。 さらに、手術中の輸血タイミングの指示や病棟看護師への申し送り、患者の家族のサポートなども間接介助の看護師の役割です。

(3) 記録

手術室の看護師のもうひとつの役割が看護の記録を行なう仕事です。 主な内容は手術を受ける患者に対して行なった看護内容を記録することですが、病院によっては医師の指示を受けて手術の流れを記録することもあります。

さらに、必要に応じて麻酔医などのサポートを行なったり、間接介助の看護師と協力して輸血タイミングの指示出しや患者管理などを担当するケースも見られるようです。

以上、手術室看護師の役割と仕事内容について説明してきましたが、看護師の業務内容や担当割りは病院や診療科によっても異なります。 たとえば、直接介助・間接介助・記録などをひとりの看護師が担当する病院もあれば、複数で手分けして担当するという病院もあります。

複数の看護師が手術室の担当として業務にあたる場合、直接介助を行なう看護師をスクラブナース、間接介助を行なう看護師をラウンドナースと呼ぶケースもあるようです。ただし、看護師求人でスクラブナースやラウンドナースの募集があったとしても、それが即ち手術室看護師とは限らないので注意が必要になります。

もし手術室看護師への転職を目指しているなら、そうした用語にも精通したスタッフのいる看護師専門の求人サイトに登録してみるといいかもしれません。

手術室(オペ室)看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ