手術室看護師を目指している方は必見です!

手術室看護師の適性、どんな性格が向いてる?

手術室看護師の適性、どんな性格が向いてる?

手術室(オペ室)看護師の仕事をしてみたいが、自分に適性があるのか分からないという人もいるかもしれません。 ここでは手術室看護師の適性や、どんな性格が向いているのかという点について詳しく紹介していきます。

手術室看護師というと、緊張感あふれるオペ室でテキパキと働く看護師像が目に浮かびます。 一瞬の気の緩みも許されない現場で、自らのスキルや判断力が試される厳しい職場というイメージもあるでしょう。

そういった手術室看護師の適性や向いた性格としては次のようなものが挙げられます。

・コミュニケーションができる

手術室看護師に対しては、「人と話さなくてもいい」、「仕事さえできればいい」と考えている人も少なくないようです。しかし、実際には手術に関わる医師やスタッフとの連携が必須であり、直接・間接介助を問わず看護業務のみを黙々とこなしていさえすれば済むということはありません。

むしろ「手術室看護師には高いコミュニケーション能力が不可欠」という意見が多く出ているのが事実で、他人と円滑にコミュニケーションが取れる、協調性があるといった性格の人が適しているといえるでしょう。

・マネジメント能力が発揮できる

手術室看護師に必要とされている能力のひとつがマネジメント能力です。 ここでいうマネジメント能力とは、手術を受ける患者の状態を把握し手術の流れを読んで適切に行動できる能力、明確な看護計画を立てて遂行できる能力、オペ室のスタッフと協調しながらも必要な意見や指示をきちんと出せる能力などを指します。

当然のことながら手術室看護師はそうした適性のある人が選ばれているわけですが、さらに手術の現場でその能力を遺憾なく発揮できる性格も必要となってくるのです。

・精神力と体力を併せ持っている

手術室看護師に最も必要なものといわれるのが「強い精神力とタフな体力」です。 強い精神力が必要とされる由縁は、オペ室ならではの緊張感にあります。 患者の生命を握る医師や看護師は常に高い緊張感を持ちながらも冷静な判断と行動が求められてきます。

オペ室では時として医師やスタッフから看護師に厳しい言葉が投げかけられることがあり、そうした言動に対して折れない強い心が不可欠であることは言うまでもありません。 また、手術中はわずかな気の緩みも許されないだけでなく、立ちっ放しで看護業務に立ち働かなければならないという実情からタフな体力も必要となります。

さまざまな能力が要求される手術室看護師ですが、その適性や向いている性格については一概に判断することはできません。 もしも上記のような要素に適合していなくても、今後の努力によってオペ室で働くことも不可能ではなくなるでしょう。

手術室看護師の求人を探しているなら、適切なアドバイスをしてくれるリクルーターのいる看護師転職支援サイトを利用してみてはどうでしょうか。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ