ブランクのある看護師さんもしっかりサポート!

ブランクが10年以上ある看護師でも復職はできる?

ブランクが10年以上ある看護師でも復職はできる?

出産して子育てをして気付いたら10年以上ブランクが 空いてしまったけど、子どもがもうしっかりしてるから 復職したいと思っている看護師の人もいるかもしれません。 10年以上ブランクが開いても復職は可能なのでしょうか?

答えは可能ですが、10年ほど空いてしまうと 医療の世界って結構変わってしまっているんです。 シリンジや点滴ルートが10年前と違うこともありますし、 周りから身体が覚えているから大丈夫だよと 言われても扱う物品が違ってるなんてこともあります。

しかし、ブランクなんて慣れちゃえばなんてことはありません。 わからないのならば聞く、それが基本です。 身体が覚えているからではなく、一から学ぶつもりで 復職に挑んだほうが良いかもしれません。

ブランクありで復職する場合、年下が先輩でも 気にならない、年下の先輩にわからないことを 聞くことが出来るかどうかどいうことが ブランク明けの復職を成功もしくは失敗させる別れ道だと思います。

10年以上ブランクがあるとなると見た目は十分ベテラン看護師です。 しかし、ポジションは新人看護師と同じなのです。 経験が長い人が先輩とする職場の場合、 ほとんどの先輩が自分よりかなり若いなんてこともあります。

年齢ではあなたが年上でも関係なしに先輩なので 若くても敬語を使わない人だっていますし、 「そんなこともわからないの!?」なんて意地悪されることもあるかもしれません。

しかしそこで怒ってしまってはいけません。 怒りを抑えてきちんと一から学ぶ、 知識を身につけることが一番賢明な判断だと思います。 人生経験を積んでいる分、ブランクがあっても コミュニケーション能力は若い人よりも培っています。 そのコミュニケーション能力を使って乗り越えていきましょう。

また、ブランク明けでの復職は実務経験のある 施設や科が歓迎されやすいのでお勧めです。 しかし、全く未経験の科などですとブランク明け 特に10年以上となると敬遠されることが多いです。

やりたいことがあるにしろ、まずは慣れている分野から 復職することが復職を成功させるポイントの1つだと思います。 年齢が高かろうと経験がモノを言う世界です。 ブランク明けを復職は身体を慣らすリハビリだと思って まずは自分の経験のあるところで復職することがおすすめです。