アレルギー性鼻炎かどうかの検査とは

看護師がアレルギー性鼻炎患者へ対応すべき心得

看護師がアレルギー性鼻炎患者へ対応すべき心得

アレルギー性鼻炎は、生活の快適さを失ってしまうほど、症状がコントロールできなければストレスがかかります。アレルギー性鼻炎は、IgE抗体から鼻粘膜に影響を及ぼすの基本的なプロセスです。

季節性のものもあれば、通年性のもの、食物アレルギーなど、原因は様々です。症状としては鼻閉(はなづまり)、鼻汁(水様性のさらさらした鼻水)、くしゃみが一般的ですが、眼のかゆみなどが伴う場合もあります。

こうした症状は自然に感解することが少なく、症状が出現するのを見計らって、対象的に薬でコントロールすることが重要になります。もちろん、アレルゲンに接触しないような生活の配慮も重要です。 看護師がアレルギー性鼻炎の患者さんに多く接するのが、採血場面ではないでしょうか。

アレルギーの原因を究明するためには、採血を行う必要があります。施設によっても異なるものの、一般的にアレルギー性鼻炎につながりやすい要素をセット項目として、他にも調べたいものを適宜追加して検査を行うという手段がとられています。

気になるものがあれば、一回の採血で複数の原因を探ることができるのです。こうしたアレルギー性鼻炎の治療にも役立つ血液検査を行う場面で、看護師は患者さんと接するのです。数多くの不安を抱え、更に注射という一大事に直面することで、子どもは時に理性を失ってしまうこともあります。

しかし、あらゆる不安を軽減させつつ、すべきことを諭していくことができるようになれば、小児であっても採血は抵抗なくしてくれる方向に向かわせることができます。

全ての患者さんが不快なく終われるわけではありませんが、心持ちだけでも患者さんがほっとするようなやり取りをすることによって、治療に対するモチベーションの維持にも繋がります。 時には生活のコンサルトを行わなければならない場面もあるため、アレルギー性鼻炎に対する看護師の資質は、患者に合わせた対応が重要になると考えるべきです。それが、患者満足度の向上にも繋がるのです。