手術室看護師の給料は、他の部署に比べてどう?

手術室(オペ室)看護師の給料・年収は?

手術室(オペ室)看護師の給料・年収は?

手術室(オペ室)看護師は高いスキルや豊富な経験が必要な職種だといわれています。 すべての手術室看護師がそうであるとは限らないものの、テキパキと働く姿は若い看護師の憧れといっても過言ではないでしょう。

いわば「デキル看護師の象徴」ともいうべき手術室看護師ともなると、その給料や年収も一般看護師よりも高いというイメージがあります。 実際のところ、手術室(オペ室)看護師の給料・年収はどのくらいなのでしょうか?

手術室(オペ室)看護師の標準的な給料と年収を見てみると次のような結果が出ています。

【手術室看護師の給料・年収】

 平均的な給料: 31万円程度(夜勤あり)
 平均的な年収:480万円程度(夜勤あり)

 平均的な給料: 27万円程度(夜勤なし)
 平均的な年収:430万円程度(夜勤なし)

上記を手術室(オペ室)以外の部署や就業形態の看護師と比較してみましょう。

 看護師全般の平均給料:30万円程度
 看護師全般の平均年収:470万円程度

 外来看護師の平均給料:23万円程度(夜勤なし)
 外来看護師の平均年収:370万円程度(夜勤なし)

 病棟看護師の平均給料:31万円程度(夜勤あり)
 病棟看護師の平均年収:480万円程度(夜勤あり)

 夜勤専従看護師の平均給料:40万円程度(夜勤のみ)
 夜勤専従看護師の平均年収:640万円程度(夜勤のみ)

手術室(オペ室)看護師の平均的な収入をみると給料が27~30万円程度、年収が430~480万円程度というレベルになっています。 これはあくまで平均的な金額であり、都市部や地方といった地域差や病院の経営状態、経営者の方針などによっても異なってくるようです。

しかし、この例で分かるように、手術室(オペ室)看護師の給料や年収はそれほど高いというわけではありません 。手術室看護師でも夜勤がなければ給料は25~28万円程度で、夜勤ありの病棟看護師よりも5万円程度低くなってしまいます。

さらに夜勤ありでも手術室看護師の給料は31万円程度・年収は480万円程度と、夜勤ありの病棟看護師とほぼ同じ金額という結果が出ているのです。 ちなみに、公務員看護師の平均給料は38万円程度・平均年収は600万円程度とかなり高額、デイサービス看護師の平均給料は33万円程度・平均年収は520万円程度と手術室看護師を大きく上回っています。

言い換えると手術室看護師の給料や年収は夜勤ありの病棟看護師と同程度であり、収入UPを目指して手術室への異動を希望するのであれば失望する可能性もあるということになるでしょう。

むしろ手術室(オペ室)看護師の魅力は収入ではなく、「やりがい」や「ステータス」ということがいえるのではないでしょうか。多くの若い看護師の憧れ的な存在である手術室看護師の仕事はそうした点に魅力があるのです。 もし手術室(オペ室)看護師への転職を考えているなら、多くの求人情報が得られる転職サイトの利用をおすすめします。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ