手術室認定看護師とは、手術室看護のスペシャリストです!

手術室認定看護師とは?

手術室認定看護師とは、手術室看護のスペシャリストです!

手術室認定看護師(手術看護認定看護師)とは、JNA(日本看護協会)の認定による同分野において熟練したスキルと知識を持つ看護師のことを指します。

この手術看護認定看護師は、手術に関する医療の看護分野で「術前・術中・術後の周手術期の患者に対して高質の看護ができる」とJNAによって認められた看護師です。 言い換えると「手術看護のスペシャリスト」ともいえる手術看護認定看護師ですが、その求められるスキルや役割、仕事内容とはどのようなものなのでしょうか?

JNAでは手術看護認定看護師の知識と技術について次のように説明しています。

・手術による侵襲(生体を傷つける)を最小限にする安全管理を行なう
・二次的合併症を予防するための看護業務における安全管理を行なう
・体温と体位管理、手術機器などの適切な安全管理を行なう
・周手術期(術前、術中、術後)の継続した看護実践を行なう

これはごく一部ですが、手術看護認定看護師が有するとされる看護知識とスキルです。 文章で書くと短いと感じる人もいるかもしれませんが、侵襲や合併症の予防、体温と体位の管理、手術機器の適切な管理、周手術期の看護と挙げただけでも手術看護認定看護師が果たすべき役割と業務は多岐にわたっています。

特に周手術期の継続看護は看護師に課せられた重要な仕事であり、手術看護認定看護師は看護スタッフの中心となって高レベルの看護を継続して行なっていかなければなりません。

複数の担当患者の病状や手術スケジュールを把握するだけでなく、患者の心理状態を理解して不安感を和らげるケアを行なったり、患者の家族などへのサポートも行なうとなるとかなりの能力が必要とされるでしょう。

手術看護認定看護師が行なう主な業務としては次のようなものが挙げられます。

(1) 術前訪問
手術を受ける患者の訪問、手術に関する患者の疑問に対し看護のプロとして正確な情報提供、誤った知識による患者の不安感を和らげ穏やかな精神状態で手術に臨めるようなサポート、患者の家族に対し手術に関する正しい知識の伝達とケアなど。

(2) 術中
体温や耐圧の測定、体位管理、合併症の予防、手術機器や機材の安全管理など。

(3) 術後
術中看護の評価、看護問題の引き継ぎが継続されているかを確認、患者の疑問に対し手術看護のプロとしての立場から正確な知識の提供、患者の家族に対するケアなど。

また、手術室認定看護師は患者や家族に対するサポートを行なうだけでなく、他の看護スタッフに対する実践を通した指導を行なうという役割も担っています。これは実際の周手術期だけでなく、ふだんから勉強会などを開いて知識の提供や質疑応答、相談などに応じるという形で実践していく必要のある部分といえるでしょう。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ