手術室看護師は看護師達の憧れでもあります!

手術室看護師のやりがいは?

手術室看護師のやりがいは?

手術室看護師は高いスキルに加え、判断力や精神力も求められるハードな部署です。 仕事の大変さに比して収入面はあまり高くないともいわれる手術室看護師ですが、実際にこの職に就いている看護師はどのような「やりがい」を感じて働いているのでしょうか?

「若い看護師の憧れ」ともいえる存在の手術室看護師。 オペ室でキビキビと立ち働く姿は、まさに看護師の面目躍如といったイメージがあります。

その手術室看護師のやりがいの筆頭といえるのが「達成感が高い」ということです。 オペにはいろいろな種類がありますが、特に難易度の高い手術であればあるほど医師だけでなく看護師の緊張感も高まり、ピーンと張り詰めた空気のなかで自分に任された役割を完璧にこなそうと努めます。そして、自分の役割を完璧にこなして手術が成功し、高いレベルの達成感を味わえるのが手術室看護師といえるのかもしれません。

手術室看護師のもうひとつのやりがいが「手術後の患者や家族の安心した顔を見られる」ということです。 オペは難易度の高低に関わらず、患者や家族にとっては不安感でいっぱいになるものです。

担当看護師は術前から術中、術後と一貫して患者や家族をフォローしていきますが、無事に手術が成功したあと患者や家族のホッとした顔をみるとやりがいのある仕事だと感じるそうです。

そのほかにも、手術室看護師からは「医師・看護師・スタッフがチームで働ける職場」、「厳しい面もあるがオペ室の緊張感が好き」、「自分の能力を十二分に発揮できる仕事」といった感想も出ています。看護師としての技術と経験を存分に活かし、チームワークで手術を成功させる手術室という部署にやりがいを感じている看護師が多いということかもしれません。

上記以外で手術室看護師がやりがいを感じている理由としては、「医師との連携ができる」、「オペそのものに興味がある」、「自分がスキルアップしていくのを感じられる」、「医師から頼られることもあり意欲が湧く」、「生命の大切さを日々実感している」なども挙げられています。

特に、手術を受ける患者本人や家族の皆さんのサポートができるという点でも、手術室看護師はやりがいのある仕事であることは言うまでもありません。

手術室看護師の仕事は人間関係のむずかしさやミスの許されない緊張感などもあり、すべての看護師に適している職場とはいえません。 タフな精神力や豊富な体力が求められる仕事でもあり、安易な気持ちでチャレンジすると後悔するという例も見られます。

しかし、やりがいという点では高いレベルでの充足感を味わえる職場ともいえるでしょう。 もしオペ室勤務への転職を考えているなら求人情報が充実した転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ