大事なのは手術室看護師としての適性です!

手術室看護師の求人、未経験でも大丈夫?

手術室看護師の求人、未経験でも大丈夫?

手術室看護師というと経験とスキルが豊富な人がなるというイメージがあります。 一瞬のミスも許されない緊張感あふれるオペ室勤務ですが、未経験の看護師が手術室で働いても大丈夫なのでしょうか?

未経験看護師が手術室で働くことに関して、結論からいえば「未経験でも新人でも可能」です。 では未経験であったり30代以降であっても、何の問題もなく手術室看護師になれるかというと必ずしもそうではありません。

まず、手術室看護師には適性があり、スキルや経験だけでなくタフな精神力や的確な判断力、豊富な体力といった要素が必要と考えられているからです。もちろんオペに関する看護業務に関心があり、かつ勉強熱心で努力を惜しまないような人なら手術室看護師になれる可能性はあります。

ただし現実的には未経験で手術室に配属される看護師の多くは20代であり、今はまだスキルも実績もないが将来性を期待されているとケースが大半なのです。未経験で手術室看護師に選ばれるのは20代が多いという主な理由としては次のような点が挙げられます。

・手術室勤務の特殊性
 オペ室は病棟や外来とは種類の異なる看護業務を行なっている部署であり、若い看護師でないと適応できないことが多い。  立ちっ放しの仕事であるうえ、オペによっては数時間以上も掛かることがあり豊富な体力が要求される。

・人間関係のむずかしさ
 チームワークで働くオペ室では若くてフレキシブルな感性を持つ若い看護師が選ばれやすい。  手術室では理屈より行動を重んじるケースが多く、上下関係も厳しいので20代看護師のほうが歓迎される。

・オペ室勤務はハード
 手術室看護師は新たに勉強しなければならないことが多いため、20代の看護師のほうが吸収力が高いと考えられている。  病院のなかでも緊張感のある職場であり、馴染みにくい部分もあるため若い看護師のほうが適している。

上記のように手術室には20代の若い看護師のほうが向いているという要素を挙げていくと、「30代以降だけれど私ならできる」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、これまでの例として30代以降で初めて手術室を経験して、仕事中に医師や先輩看護師に怒鳴りつけられてショックを受けたり、なかなか業務を覚えられなくて落ち込んだという看護師も少なくないのです。

では30代以降で手術室未経験の場合は、可能性がないかというとそうでもありません。実は、まったくの新人やオペ室の未経験者、30代以降で看護師免許を取得した人であっても手術室で働いている人は大勢います。

もし30代以降の人で手術室看護師に興味をもっているなら、オペ室勤務への転職を実現させるためのキャリアプラン相談にも応じてもらえる転職支援サイトのエージェントに相談してみてはどうでしょうか。

手術室看護師に強い求人サイトは?  詳しくはコチラ